メンズ夏服大人!一緒に歩きたくない「BROOKLYN」男の真実!

コーデ掲載数8000以上!メンズスタイルのコーデをみてみる

 

 

メンズ夏服大人!一緒に歩きたくない「BROOKLYN」男の真実!

 

これから夏本番ですね。夏服は冬服よりも色は鮮やかになったり、さわやかさが重視されたりしますよね。また、メンズ夏服大人ファッションは個人によって様々で、その人の個性が表れますよね。基本的に、彼氏に似あう服装というのが一番かもしれませんが、彼氏にはどうしても着てほしくない夏のメンズファッションがあります。それが…文字が書いてある服。文字と一言で表しても、様々なものがありますが最近よく見るのは「BROOKLYN」でしょうか。

 

数字や英語、ブランドのロゴなど、文字に該当するものは多いかもしれません。その中にはデザインが良いものや、機能性が高いものもあると思います。しかし、メディアの特集でインタビューされている外国人が、日本語の書かれているTシャツを着ていたりすると、なんとも言えない気持ちになってしまうのも事実ではないでしょうか…。外国人観光客も多くなってきている世の中。外国人に同じようなことを思われるのでは…と思ってしまうのです。

 

また、メンズ夏服大人コーデにも関わらず・・・その服を選ぶ際に、その文字を読まなかったのかな…と思ってしまいます。ただ「かっこいいから」「みんな着てるから」「英語がかっこいいから」という理由で服を選んでいるように思えます。ファッションは『その人を表す』もの。ファッションに対するこだわりだけではなく、周囲に流される、いわゆる「量産型」男子にしか見えません。だからといって個性的である必要はありません。

 

つまり、本当に良いものを大事に着る、という男性であれば、一時の流行で文字の書いてある服は買わないと思います。「BROOKLYN」と書いてあるTシャツを着る男性は「JAPAN」と書いてあるTシャツを着るのでしょうか?そして、それを大事に着るのでしょうか?メンズ夏服で大人ファッションするならば、やっぱり品ある雰囲気が必要なので洋服もヘンテコなのは避けたほうが第一印象の好感度が上がると思いますよ。

 

好感度が高いスプートニクスのコーデをみてみる