フィット感重視かつとても個性的な旦那の服が理想的!

第一印象が◎、メンズスタイルのコーデをみてみる

 

フィット感重視かつとても個性的な旦那の服が理想的!

 

主人に着て欲しくないメンズファッションについてですが、いろいろありますね。うちの主人は、見た目よりも着心地を重視するタイプです。ですので、自分が着ている服の素材自体が良ければそれでOKということも多々あります。上はボーダーのポロシャツに下はピッチリしチェックの短パンなどを着用し、一緒に出かけるとなると着替えてもらうようにしています。

 

現在主人は30歳を超えたところですが、高校生が着るような、例えば黒地に白い漢字の文字が入ってるようなシャツを好んで選びます。まさに手首に鎖風のリングを巻けばピッタリというようなシャツです。私は同い年なのですが、年相応のファッションをしているつもりですので、これでは姉と弟に見られてしまいます。
靴のことを言いますとこれが極端に個性的。主人は陸上をしていたことから、靴にはかなりの履き心地とその運動能力を要求しています。さすがに靴に履き心地に重きを置くので、靴箱に並んでいる主人の靴はすべて風変わりです。例えば、どこかのジャングルにしか生息していないような山吹色をした斑点のある虫から考えたのかなと疑うような靴もあります。

 

その靴は、店員さんによると、通気性が良くエアが足に入ってくるので、動作に無駄なく歩ける、と言われ、今では旦那のお気に入りのスニーカーの一つです。靴に関しては一つも統一性がありません。主人にして欲しくない髪型についてですが、平日はスーツを着てお仕事をしているので、カラーもしておらずそのままの自然な黒色がベストです。カラーをすれば維持費もかかりますし、ファッショナブルな髪型をしたとしても、どこで素敵な髪型を披露するのでしょう、と言いたくなると思います。

 

昔は坊主にしていたこともありましたが、その頃は帽子(それもヒョウ柄などかなり個性的なもの)でカバーしていたので良かったです。一緒に外出するなら、そこまで流行のファッションでなくても、その季節感のある服装をして欲しいです。これから冬にさしかかりますし、薄い色で目立たない柄のシャツに濃い色のベスト、お気に入りのデニムに茶系のブーツなんて素敵ではないでしょうか。髪型は前髪を少しワックスで立ててもらえたらハンサム度が上がりそうです。一つ一つのアイテムではなく、トータルコーディネートを考えた紳士的なファッションが理想ですね。やっぱり根本的にフィット感を重視して個性的な旦那の服装が理想的です!

 

好感度が高いスプートニクスのコーデをみてみる