旦那をコーディネート!私が感じる既婚者男性のダサい私服

第一印象が◎、メンズスタイルのコーデをみてみる

 

 

旦那をコーディネート!私が感じる既婚者男性のダサい私服

 

既婚者男性も、最近は、随分オシャレに気を遣う人が増えて、昔のように、おじさんぽくなくなってきて、エステの業界も、予想以上に、中高年層のお客さんが多いと聞き、拍手したい気持ちの反面、スーツ姿は、長年の積み重ねなのか、それなりの自分に似合ったネクタイ等で、まとめ上手だと思いますが、いざ、私服になると、妙に背伸びをした為に、反って個性を殺した服装をした方が多いと思います。

 

例えば、はきなれてもいない、サイズがあっていないジーンズをはいて、上には、チエック柄のシャツにベスト、それに加え、肩には、セーターを決まりのようにかけていて、そして、どういうわけか、ジーンズとは到底合わないベルトをしてみたり、遠い日の学生時代のスタイルで、若さを強調したような、顔と不釣り合いなファッションはダサいと思います。旦那をコーディネートされる奥様は要注意ですし、本人が適当に着ている場合は改善したほうがいいかもしれませんね。

 

既婚者男性なりの渋さを持った大人の色気が有るものなのですから、皆が皆、タレントさんのファッションを真似て欲しいとはいいませんし、似合うとは限らないわけで、それよりも、ご自分の顔立ちに合った服装や色彩を見つけられる事が必要で、若い男性のように、流行を追い過ぎても、一人の男性としてではなく、一束に見られ、ご自分の魅力は引きだせないと知って欲しいと思います。

 

秋冬の季節には、オシャレと言えば、一番目立つのが、ジャケットだったり、コート類です。日常の生活では、どうしても、ダウンジャケットが主流になると思いますが、時には、もう一ランク上を目指して、素材の良いダブルのジャケットに、タートルネックのセーター、それに、上質の綿パンを合わせたり、きちんと自分のサイズに合った、たぶみの無いジーンズにブーツというファッションをする事にも年齢的にも、挑戦される事もしていただけたら嬉しいな。と思っています。

 

ちなみに私の好みの既婚者男性のメンズファッションは、白のタートルネックセーターに、チャコールグレーや茶系のパンツに、茶系のブーツ、その上から、ハーフのトレンチコートを襟を立てて羽織っている姿がいやらしくなく、自然に映る男性の秋冬ファッションです。旦那さんをコーディネートする場合は全身の着こなしバランスを重要視しています

 

好感度が高いスプートニクスのコーデをみてみる