秋冬服メンズアウター@短めのコートだけは絶対にやめてほしい理由

秋冬服メンズアウター、メンズスタイルをもっとみてみる

 

 

秋冬服メンズアウター@短めのコートだけは絶対にやめてほしい理由

 

旦那はあまりファッションに凝りすぎることはないタイプの男性ですが、いつも清楚感だけは大切に服装をアレンジしている人だと思います。そんな彼に私がこの秋冬に絶対に着てほしくないメンズファッションの中に、まず秋冬服メンズアウター短めのコートがあります。トレンチコートはかっこいいと思いますが、普段気軽に着るコートで短めのコートが売られているのを目にします。ちょっと想像しただけでお尻の輪郭が強調されそうな気がするので、旦那が着ていることをあまり想像したくありません。秋冬服メンズアウターの短め以外でできるだけ着用してほしくないファッションとして、ゆるいセーターとカーディガンがあります。まず、ゆるいセーターについてですが、とくに白や明るめの色で構成された、どちらかというとゆったりタイプのセーターはちょっとだらしなく見えてしまいそうなので嫌ですね。彼の体のラインに合ったどちらかというとコート映えするような色のセーターがいいです。

 

また秋冬服メンズアウター以外に秋のはじまりに丈の長めのカーディガンも彼に避けてほしい秋冬ファッションのひとつですね。これはなぜかと言うと、長めカーディガンって前開きなので、なんとなくミュージシャン系?な雰囲気が増してしまうような気がするんです。若い人であれば、なんとなくいい感じの安心感や余裕を与えている服装に見えるのですが、社会人になっている男性が中性的なロング丈のカーディガンを着てしまうと女の子っぽい気がするから嫌なんですよね。やはり社会人らしい年代に合った服装というのがあるのでしょうね。最終的には、私は秋冬服メンズアウターなら膝上くらいまでのお尻をすっぽりと包みこむタイプのコート、コートと同系色の革靴、そしてコートの中には、コートとはかけ離れた色の生地厚めシャツと首には細めのマフラー、コートと同系色でありながらもグラデーションで落ち着きを出すパンツルックというのが理想ですね。髪型はおでこをしっかりと出して清潔感さえ出ていれば問題ありません。

 

女性目線で好感度が高いスプートニクスのコーデをみてみる