秋冬服メンズセーターの悲劇!全体のシルエットが大事なのですよ。

秋冬服メンズセーター、メンズスタイルをもっとみてみる

 

 

秋冬服メンズセーターの悲劇!全体のシルエットが大事なのですよ。

 

欧米人のように顔が小さくて首が長くないと、秋冬服メンズセーターのタートルネックのお洋服は似合わないと思います!秋冬服メンズセーターで首元を覆うので暖かいのは分かりますが、ダークな色のタートルネックだと大きな顔をよけいに強調し、浮き上がっているように見えてしまいます・・・。正面から見た時に、首の肌部分が全く見えず、あごの下にすぐ洋服があるようだと目も当てられません!逆に、寒空の中大きくボタンを開けてシャツを着るスタイルも止めてほしいです。じゃらじゃらと大ぶりなネックレスを着けている男性もときどきいますが、男性のアクセサリーも好きでないので、空けたシャツの首元からはなにも見えないで欲しいです。

 

また秋冬服メンズセーターだけでなく自分も気を付けないとと思うのですが、インナー、アウター、靴下から靴まで真っ黒!というのも着て欲しくないです。秋冬はブラック・ネイビー・グレーなど濃暗色でまとめがちになってしまうのですが、重た〜い印象になってしまうので、さり気なくニットの中に爽やかなブルー系のシャツを着ていたり、刺し色があると素敵だなと思います。あとはスニーカーを明るい色を選ぶとワンポイントになって良いなと思います!明るい色は、全体の占めるお洋服の面積の比率を考えて、なるべく少な目にしたほうがオシャレでいいなと思います。最後に、サイズ感にも気を遣ってほしいです。男性は特に秋冬服メンズセーター系はタイトに着ないかもしれませんが、全体的にダボッと着ぶくれしたかのようなスタイルは好みでないです。ただでさえダウンジャケットなどは体を一回り大きく見せるので、全体のシルエットを考えないと「太った人」に見えてしまいます。程よくフィットしたお洋服で、シンプルに飾り過ぎない気候にあった格好をする人が、スマートでステキだと思います!

 

女性目線で好感度が高いスプートニクスのコーデをみてみる